eマトリックス

画像の説明
画像の説明

eマトリックスニキビ跡や小じわ、毛穴、たるみを治療する強力な方法です
これまで光治療を何度も受けてきたけれど、もっと毛穴や小じわを治したいという美容上級者にもおすすめの治療です
フラクショナルレーザーに比べて圧倒的にダウンタイムが短く、しかもしっかりした効果をだすことができるのが特長です

画期的な美肌テクノロジー eマトリックス とは

eマトリックスは、RF(ラジオ波)を点状に照射することで、皮膚を新しい肌に入れ替える治療法です。

フラクショナルレーザー治療のこれまで

ニキビ跡や小じわ、毛穴、たるみを治療する時にこれまでさまざまな治療が行われてきました
光治療はしみを中心とした人気の高い総合治療ですが、ニキビ跡や小じわ、毛穴といったへこみや皮膚の緩みには効果が十分みられないことも多くあります

そこで皮膚全体を一度に入れ替えてしまう方法が考えられましたが、ケロイドをおこしやすい東洋人の肌にはあいませんでした
そこで部分的に皮膚を入れ替えていくフラクショナルレーザーが開発されました
はじめてフラクショナル治療をはじめたフラクセルレーザーからすべてがはじまりました
さくら美容クリニックにもフラクセル2があります
その後さらに効果をあげるため、フラクセルとは違ったレーザーを使ったフラクショナルレーザーが開発されました
そのひとつが炭酸ガスフラクショナルレーザーです
炭酸ガスフラクショナルレーザーにもさまざまなものがありますが、広島院では有名なアンコア・ブリッジセラピーを導入しています
ただこれらのレーザーは効果を高くするために出力を高くすると色素沈着などのダウンタイムが長くなり、誰でもが日常生活の中で受けられる治療ではありませんでした
そこへレーザーでなく高周波でフラクショナル治療を行うeマトリックスが開発され、これまでのデメリットの多くを克服しました

eマトリックスはRFの点状照射を初めて実現しました

RF(ラジオ波)は、レーザーや光では届きにくい皮膚の深いところまで熱が届きやすいという特性があります。
現在、RFは、肌のたるみなどを治療する「サーマクール」をはじめ、多くの治療に取り入れられています。
eマトリックスは「RFを点状に照射する」という今までになかったテクノロジーを初めて実現した画期的な治療方法です。

肌の表面から深部まで幅広い治療が可能です。画像の説明
これまで行われてきたフラクショナルレーザーと呼ばれるレーザーを利用する方法だと図のように表面が広く、内部が狭い尻すぼみの加熱となります
eマトリックスは末広がりの加熱ですので、表面のダメージが少なく、中層~深層を効果的に引き縮めることができます
画像の説明
eマトリックスの最も大きな特長は、RFを点状に照射することで、皮膚表面のダメージを最小限に抑え、ダウンタイムが大幅に軽減されたことです。

安価なフラクショナル炭酸ガスレーザーでは、治療効果をだすのに充分なだけ皮膚を深く削ることができません

eマトリックスは肌表面に残るダメージは小さな点状で抑えつつ、皮膚を引き締める熱エネルギーは、肌の内部に広がるので、治療目的に合った深さへ十分に行き届き効果を発揮します。

そして、eマトリックスは、RFの熱エネルギーによって、皮膚のコラーゲンが多く生成されるようになります。 こうした働きで、さまざまな小顔・美肌効果が期待できるのです。

小じわや、キメ、毛穴、ハリ、たるみ、にきび跡などの肌の悩みを総合的に改善する若返り治療です。

[check]フォトフェイシャルやフォトRF等の光治療とeマトリックスやブリッジセラピーとの違い

光治療のイメージは『汚れたシャツをクリーニングする』といったイメージです。
しみが薄くなり、全体も美白されます。これに加え、オーロラの場合はRF(高周波)の作用でよりコラーゲンに働きかけ、「肌のハリ」も変わるのが実感できます。

eマトリックスやブリッジセラピーは『ほころびてきたシャツを素材から新しく作り直す』というイメージです。
古くなった肌を入れ替えて、新しい肌に生まれかわらせる治療です。
毛穴、ニキビ跡、小じわなどに高い効果を発揮します。
しみ・くすみに対する治療効果もありますが、逆にそれらへの効果はレーザーや光治療がいい場合もあります。

症例写真
画像の説明
画像の説明

eマトリックス日本公式サイト

マトリックスIRという施術はeマトリックスとはまったく異なる施術ですのでご注意ください