基礎知識番外編                           やっぱり勉強はめんどうだと思われるかた向けのまとめ

光治療(フォトフェイシャル、フォトRF、eMAX、ライムライト、フォトシルクなど)が万能かのように説明を受けることもあるかと思いますが、光治療は人気のある・いい治療ですが、光治療では充分効果がでない症状に対して行われているケースがたくさんあります

下記の事を理解されてカウンセリングでは充分説明を聞いてから治療をお選びください

人知れずいろんな症状をざっと治したい方は光治療がいいと思います。

ただ複数回の施術が必要で、光治療だけではとれないシミもけっこうあります

特にADMというシミに光治療は無効なのですが、すすめられて受けているケースをよくみかけます

また毛穴治療効果は低く、たるみ治療効果はほぼありません

毛穴治療効果を高めるために、レーザー治療を併用する場合もあります

光治療は老化のシミやそばかすが目立つ場合美容初心者がまず受けてみる場合や肌のメンテナンスにいい治療です

肝斑の場合はレーザートーニングという選択もあります

1度の治療で確実にシミをとりたければQスイッチルビーレーザーが効果的です

ふくらんだシミの場合はサージトロンや炭酸ガスレーザーで削り取る方法を行います

たるみ改善をご希望であれば、ウルセラシステムサーマクールCPTなどの強力な方法をおすすめします

毛穴やニキビ跡、小じわなどへこみを気にされている場合はeマトリックスによる皮膚の入れ替え治療がおすすめです

いずれにしても正確な診断が行えるところで、治療効果のしっかりした治療を受けられることをおすすめします