レーザートーニング

レーザートーニングを行うレーザー『メドライトC6』は肝斑治療で有名になったQスイッチYAGレーザーです。

QYAGmedliteC6

またQスイッチYAGレーザーの中でも最も信頼性の高いレーザーがメドライトC6です。
しみ治療やタトゥー除去に加え、これまで治療が難しかった肝斑や炎症後色素沈着にも高い効果があるのが特徴です。開いた毛穴やくすみにも効果的で、産毛を目立たなくする作用もあり、治療後には肌がつるつるになります。回数を重ねるごとに角質が柔らかくなり、透明感のある明るい肌へと改善させます。

2つの波長で、さまざまなシミに対応します

QスイッチYAGレーザーは、皮膚の深部(真皮)に届く1064nmの波長に加え、表皮のメラニン色素を効率良く破壊できる半波長の 532nmを発振できます。この2つの波長を必要に応じて切り替えることにより、シミ色素の深いもの、浅いものなどに応じて治療ができます。

Qスイッチルビーレーザーの方が効果が高いものもありますが、老人性色素斑(しみ)、そばかす、脂漏性角化症(分厚いしみ)、後天性メラノサイト―シス、太田母斑(青アザ)、タトゥー除去などに広く用いられています。

さらに出力を弱め、広範囲に複数回に渡って照射するレーザートーニングは、レーザー治療はできないとされていた肝斑を治療できるレーザーとして有名になりました。

レーザートーニングは肝斑だけでなく毛穴の引き締め、美白、くすみやハリ感の改善にも効果があります。