同級生皮膚科女医さんの若返り

同級生皮膚科女医さんの若返り

2年に1度医学部の同期の同窓会があるのですが、その時に大阪で皮膚科を開業している同級生のドクターから若返りの相談を受け、今回治療することになりました。

二重まぶたPRPニューリバイブジータ治療そしてウルセラシステム治療を行いました。

PRPについては控えめな治療を希望されました。

二重・PRP治療前⇩
画像の説明
二重手術は左のみの手術です。
通常は二重を広くあるいは太くすることが多いのですが、彼女の場合は左の二重を右に合わせることが希望でした。このため左の浅くぼんやりした二重を右に合わせる手術を行っています。(二重を広くするというより、二重を狭くする手術ということになります)
二重・PRP治療後⇩
画像の説明
ほぼ左右のそろった二重になっています。PRPでは目の下のクマとほうれい線、右のゴルゴラインの治療を行っています。控えめの治療を希望されたので、通常より控えめの結果となっていますが、ご本人は満足されています。
さらに頬のたるみを改善するためにウルセラ治療を追加しました。
ウルセラ治療を追加して2か月後の正面⇩
画像の説明
頬の下半分が引き締まっているのがわかります。
ここでもう一度戻って斜めから見てみると
PRP治療前は⇩
画像の説明
目の下のくぼみ、ほうれい線が目立ちます
PRP治療後⇩
赤丸をつけたしわ・くぼみ部分が改善しています
画像の説明
さらにウルセラ治療を行って2か月後の斜めからみたところ⇩
画像の説明
この写真でも頬が引き締まってきているのがわかります。
洗顔の時に顔に手が当たる感じが違うのがわかるということでした。肌の状態も良くなったようです。
ウルセラは約半年かけて改善が進みます。この写真の時点で2ヶ月ですのでさらに改善は進みます。

イラストと写真で見る しわとたるみの種類と治療法はこちら